果てしなき流れの果てに

アラフォー主婦、うつ病&隠れ毒親に関する記録。

初めて飲んだ抗うつ剤・レクサプロで病的な不安に襲われた話

初めて心療内科を受診した日、レクサプロという抗うつ剤と、副作用対策として吐き気止めが処方されました。医師の説明では、抗うつ剤の中でも新しいものとのこと。ネットで検索してみても「よく効く」という口コミが多いので期待していました。


しかし、それを5日間服用したところ、猛烈な不安に襲われるようになりました。町内会の仕事のことなどはまだしも、布団から起き上がること、トイレに行くこと、食事をすること、そういうことまで何もかもが不安。時計を見ても不安。理性ではそんな風に感じるのはおかしいと分かっていても不安。


薬を飲むまでは、ただグッタリと寝ていれば一応は落ち着いたのに、寝室で寝ていても落ち着かなくて居間のソファへ移動、そこでも落ち着かないのでまた寝室へ移動、それからまた居間へ……と、家の中でひたすら移動を繰り返すようになりました。


この時は、抗うつ剤を飲むのが初めてだったこともあり、これが薬の害作用だということに気づきませんでした。1週間後に再び受診して薬を変えることになりました。


あともう一つ、レクサプロ以外にも完全に合わなった薬があって(あとでお薬手帳を見返して薬名を書き加える予定)、それを飲んだ時の苦しみはレクサプロ以上でした。文字通り床をゴロゴロ転げ回り「うぉぉぉぉぉぉ!!!」と強烈な不安と焦燥に苦しみました。あんな思いをしたのは初めてです。体質に合わない抗うつ剤は怖いですね。その時はすでにレクサプロで学んでいたので、薬のせいだと気づき、すぐに飲むのをやめました。


以来、薬を変える時には注意をするようになりました。薬が体に合わなかった時はどのような症状が出るのか、合わないと思ったらすぐに飲むのをやめてもいいかということをしっかり医師に確認してから処方してもらうようになりました。